アメリカの簡単デリバリーアプリUberEatsとGrubhub

デリバリーアプリ紹介 生活情報

こんにちは。tomokoです。

疲れて料理したくない時や友達を家に呼んだ時など、たびたびレストランのデリバリーサービスにお世話になってます。

でも例えば急にメキシカンが食べたくなっても、メキシカンレストランはどこにあるのか、メニューはどんなものがあるのかわかない時ってありますよね。

そんな時に便利なアプリ「Uber Eats」と「Grubhub」をご紹介します。

Uber Eatsとは

ubereats

日本でもサービスを開始した「UberEats」は、レストランから料理を購入しデリバリーしてくれるサービスです。

レストランのデリバリーが配達範囲外の場合や、デリバリーサービスがないお店でも「UberEats」ならスマホから注文して自宅に届けてもらうことが可能です。

UberEats注文方法

①アプリをダウンロードして住所を入力すると、デリバリーサービスが利用できるレストラン一覧が表示されます。

ubereat

②例として、Walter’s Hot Dogsという人気のホットドック屋さんを選びました。このお店は休日のお昼時などは行列ができていますが、UberEatsなら並ぶことなく、自宅で待っていれば食べることができちゃうんです。

ウーバーイート

赤く囲ったところにデリバリー手数料が表示されます。

③注文するメニューを選びカートに追加、クレジットカードで支払いをします。後は待つだけです!

アプリではドライバーの到着時間や今どこにいるのかを確認することもできます。

チップは任意なので、払っても払わなくてもOKです。

チップを払いたい場合は現金で渡すか、アプリで30日以内なら払うことが可能です。

Grubhubとは

Grubhub

Grubhubはアメリカのオンラインフードデリバリー最大手で、アプリから簡単に提携レストランのデリバリーを注文できます。デリバリー手数料は一律2ドルです。

デリバリーを頼みたいけどメニューがわからない、どんなレストランがあるかわからない時に便利なアプリです。私は友達とプレイデートをする時によく利用します。

Grubhub注文方法

①アプリをダウンロードし住所を入力すると、デリバリー可能なレストランが表示されます。

grubhub

②レストランを決め、メニューを選びます。

③確認画面でチップの金額を決めます。キャッシュで払うことも可能です。

選んだメニュー、金額に間違いがなければ、クレジットカードで支払って後は待つだけです。

grubhub注文画面

④アプリから進捗状況をチェックできます。

grubhub画面

アメリカの簡単デリバリーアプリまとめ

今まで何度もデリバリーアプリを使ってきましたが、今のところ1度もトラブルはありません。

英語が得意でなく「電話で注文するのは抵抗がある」という方にもぴったりなサービスです。

またホテルや公園など、自宅ではなくても届けてもらえますので、旅行中や公園でのパーティーなどにも使えますよ。ぜひ試してみてくださいね。

コメント